1. HOME
  2. ブログ
  3. Part1:マイルシェア、創業のきっかけは第四次産業革命

Part1:マイルシェア、創業のきっかけは第四次産業革命

絶対に無理だと思った。一つクリアしてもまた出てくる新しい壁

ー逆に言うとマイルシェアには情熱を注げたという事ですよね?

そう。マイルシェアは調べれば調べるほど
面白かったんだよね。

どうしてもできなくて、難しい問題が山積みで。
一つ問題をクリアしたらまた、別の問題が出てきて
みたいなことを繰り返していて
半ばあきらめようとしたこともあったんだよね。

結果的にあきらめないでつづけた結果
扉が開いて行ったんだよね。

でも、この扉を開けるのに
自分たちですらこんなに時間がかかったんだから
他の人たちは、そう簡単には
このマーケットに入って来れないだろうな、って思ったんだよね。
 
だから、なおさら「マイルシェアなんじゃない?」っていう
思いが強くなっていった。

一年経つけど、まだ類似サービスは出てこないし
みんなきっとリスクだと思っているところも
まだあるんだとは思う。

それが、尚更良いよね。

どんなサービスでも類似サービスは出てくるのはわかってる
でも、市場・業界でリーディングカンパニーになるためには
市場を圧倒的な速度でおさえに行くということを意識したんだよね。


次回予告


話を聞いていると、発言の一つ一つに
想いがこもっていて、
「この人は本当にこういう風に心の底から思っているんだな」
という事を強く感じ、圧倒されてしまいます。

「これだ」と思ったら
諦めないでつづけることがとても大事なんだ。
そう思わせてくれるお話でした。

次回、森田さんインタビューPart2

「リスクは取りたくなかった、でも社長になったら見えてきたもの」

です。

元々は社長になることなんて、考えていなかったという森田さん。
では、なぜ今「社長っていいよ」と言えるようになったのでしょうか?
森田さんが事業を作り出す際の思考に迫ります。


関連記事