1. HOME
  2. ブログ
  3. 暮らしを選んで人生を良くするということを普遍的にしたい

暮らしを選んで人生を良くするということを普遍的にしたい


後にも先にもその時だけ。
なんで私だけと悲観的になった専業主婦時代

ー戸井さんはずっと札幌生まれ札幌育ちですか?

生まれたのは札幌なんだけど、1歳半の時に親の転勤で道外へ行って、
そのあと、小学4年生から香港で、中学生の時はシンガポールにいて
高校受験で一人で帰ってきて、それから関東にずっといて。

大学卒業後に入社した会社の、最初の配属地が北海道だったんだよね。
もともと製薬会社に入社してて、結婚して主人が転勤になったことで
仕事を退職したんだよね。

そこからは専業主婦。

だから、社会人よりも専業主婦でいた期間のほうが

長いんだよね。

ー札幌の人を見ていると、専業主婦の人は専業主婦でいるじゃないですか。
 何がきっかけで、ライフオーガナイザー資格を取ろうと思ったんですか?

専業主婦の毎日の暮らしが地獄すぎて(笑)

ーいや、そうですよね。製薬会社で勤めていらっしゃったってことは
 仕事もバリバリやってこられたわけですし、環境違いすぎますもんね。


こんな言い方すごく失礼なんだけど、専業主婦って
誰でもなれると思ってたんだよね。世の中にいっぱいいるし
昭和の時代なんて、みんなお母さん家にいたでしょ?
だから、誰でもできるって思っていたのに、
自分が何一つできないことに愕然としたんだよね。

今までは、勉強して受験したりとか
製薬会社の仕事だったら、営業して結果を残してとか
頑張れば結果が出てたんだけど、専業主婦って結果は無いわ
毎日同じだわ、誰も見てないわ、もうね、私にとっては地獄だったんだよね。

何のために生きてるんだろうぐらい。思っていた時が結構あったし
「なんで自分だけ」って自分で選んだくせに思ったり

そういうのばっかりで、自分の人生の中であの時だけかな..。

「なんで自分ばっかり」とか他人のせい環境のせいにして
でも「このままじゃだめだ」と思って、資格を取ることにしたんだよね。

ーすごい気持ちが良くわかります。。。でもどこでライフオーガナイザー資格を
 見つけたのでしょうか?資格を取る!っていうとそれこそ簿記とか英語!とか

 そういうのをイメージしがちなのですが、、、。

 
いつもの生活が辛すぎて、なんかネット検索してたときに、
神奈川でライフオーガナイザーの資格を取って、活動をはじめていた人のブログで見つけたんだよね。

今から9年ぐらい前の2010年かな。

協会が設立したのと同じぐらいから、見てて。

でも自分がその時は
精神的にどんぞこだったから、動けなかったんだよね。
ライフオーガナイザーの資格も、「とれる」ってわかったけど、
でも、自分にはできない。うごけない。専業主婦だから東京いけない。
子どもおいていけない。できない理由ばっかり浮かんできちゃって。

だからその時は、ブログを読んでるだけだったんだよね。

資格を申し込む直接のきっかけは、祖父が亡くなったことだったんだよね。

その時に、自分もいつ死ぬかわかんないって思って。

このまま、私の人生終わったら本当に最悪だなって思って。
だったら動こう!っていう決心がついたんだよね。

ー資格自体はどのぐらいの期間で取得できるものなのですか?

 資格はね、3か月かな。1級講座っていうのがあって、

それが<お客様からお金をもらってサービスを提供できるようになる>っていう講座で、

3か月。その前に2級講座っていうのもあって、2級講座を受けたのが祖父がなくなってすぐだったんだけど。


一番最初にも話をした「どう暮らしたいか」っていう考え方って、当時の私にとっては本当に衝撃的で。


そこから自分で考えるようになって、暮らし方が変わったし、
他人のせいじゃなく、自分の人生は自分で決めなきゃいけないんだな。
っていう事を思い出したんだよね。

次のページ:「あなたの北極星は何ですか?」の問いに改めて考えて出た結論

関連記事