1. HOME
  2. ブログ
  3. Part3:原動力は「孤独」、そして思考は現実化する。

Part3:原動力は「孤独」、そして思考は現実化する。

「思考は現実化する」バチンと、はまったのは実体験。


いろいろとお話を聞いていると森田さんって
私が思う森田さんの同世代の人たちと、違う印象を受けるんですけど何ででしょう??

ネガティブなことをまず言わない。
それは神経言語プログラミング的なところもあって、、、
(2015年に設立した持株会社の)会社名が「思考は現実化する」なんだからね(笑)

ぐちぐち言ってたら、ぐちぐちな人生になっちゃうっていうことを
自分が信じてるから、基本的にネガティブな事を考えとして持たない。
思考が現実化するって、実体験として強く思ったのは27歳の時だなぁ。

「思考は現実化する」って本あるじゃん?それを勧められたのが
さっきも話した27歳の時の同い年の、上場企業で働いている
人たちとの飲み会だったんだけど。

彼らは勉強してきた人じゃん?

俺は中学卒業した後すぐに、社会に出て働いていて、だから彼らと比べた時に
正直俺は、社会人としても先輩だし、
経営者としても上だって思ってたんだよね。

でもやっぱりね、勉強してきた人たちは地頭も良いし
持ってる知識量が全然違ったんだよね。
話の規模感もぜんぜん違って、
「やべぇ、勉強しないと」って
すごく思ったんだよね。

その時に、その人たちに
「とりあえず本を読んだほうが良いよ」って言われて
進められた本が、「思考は現実化する」って本だったんだよね。

俺が一番 「思考が現実化した」って思ったのは
ドコモショップの営業権を獲得した時。

25歳の起業時に、2年間を目標にしたんだよね。

2年で目標を達成できなかったらこの会社をつぶします。
という目標。その時は誰もができないって言っていた
ドコモショップの営業権を得る。っていう事を目標にして
他の人がやらないようなことを目指してたんだよね。

2年後にドコモショップができなかったらあきらめよう!
っていう目標。そしたら奇跡的に24か月後に、
ドコモショップを営業する権利がもらえたんだよね。

絶対無理だって周りからは言われてたけど
自分たちは信じて、動き続けていたからできた。

そこからもう「思考は現実化する」っていう事が
頭から離れない感じがするんだよね。
そこから全て、良くも悪くもすべては
自分の思考のままになっている気がする。

彼らに会えたこと、ドコモショップができたこと
27才から28才は、俺にとって転機だったね。

Page3:いろいろやりたいことはある。その中で、ファンづくりの大切さ

関連記事